【単純明快】婚活で「妥協してもいい点」と「妥協してはいけない点」

妥協婚活に共通する知識
本気で結婚を考えているなら
結婚相談所無料体験診断がおすすめ
結婚は人生を決める大きなイベント!
絶対に失敗したくないですよね。
マッチングアプリや婚活パーティーに参加の男性は、遊び半分の人も...
その点、結婚相談所には結婚に真剣な男性ばかりが所属しています。
まずは、結婚相談所の無料体験診断で、あなたにピッタリの結婚相談所を見つけてくださいね。
 

無料体験診断はこちら

 
 

 

くるみ
くるみ

婚活をするならやっぱり、条件の良い人と結婚したいなぁ。

でも、周りの友達は「結婚には妥協も必要」って言うし…。

一体どこを妥協したら良いのかサッパリ分からないんだよね。

誰か結婚の妥協点について教えてください。

 

そんな悩みにお答えします。

 

婚活で妥協してもいい点

では早速、どんな所なら妥協できるのか考えてみましょう。

あきれる女性

 

容姿

相手と出会った時、最初に注目するのは容姿です。

顔が好みの人であれば、会うだけでドキドキします。

しかし、時間が経つと徐々に慣れてしまうので、ドキドキ感も自然と薄れていきます

そのため、容姿はよっぽど好みでない以外はある程度妥協できる範囲内になるでしょう。

顔は良いけど性格面に問題がある人よりも、顔はイケメンではないけど優しい性格の人の方が良好な結婚生活が送れる確率が高いです。

 

身長

身長が高いとかっこいいイメージがあります。

しかし、身長が気になったとしても最初だけで、結婚生活にはそれほど影響がありません。

あるとしても高い所のものを取りたい時ぐらいだと思いますが、身長が低くてもハシゴがあれば生活に何も支障はきたしません。

また、穏便な結婚生活を送るなら身長以外にも大事なところがたくさんあるので、一番妥協しても良いものになります。

 

年収

 

給与明細

やはり年収が高い人がいいという人も多いはず。

ですが、実際に年収1000万以上の人は数少なく、全体の50%にも満たしません

普通に暮らしていく分なら、最低年収400万円でも共働きすれば一般的な生活が送れます。

また、どんなに年収が高くても会社の状況によっては下降する場合もあるので必ずしも高収入が良いとは限りません。

より多くの出会いを求める為に、希望年収を少し低く考えることも婚活を成功させるためのポイントです。

フリーター等、職業が不安定な立場の人であれば話は変わってきますが、

「年収が高くても幸せではない」

という人も中にはいるので、ある程度は妥協しても問題ないと考えられます。

 

学歴

子供のことを考えると、優秀な遺伝子がほしいと思う人もいるのではないでしょうか。

確かに相手の学歴が高いと他の人に自慢も出来ますし、優秀な子供に育つ可能性もあるのかもしれません。

しかし、必ずしも学歴が高い=賢い子供が産まれるというわけでもないですし、学歴が高いからといって収入が高いという事でもありません。

また、中には学歴が高いからという理由でなにかにつけて見下してくるような人もいるようです。

学歴重視で婚活をすると、そんな人間に出会ってしまう可能性もあります。

もし結婚してしまった場合は良好な関係は築きにくいでしょう。

そのため、学歴もそれほど重要視するものではないと考えられます。

 

年齢

年齢差が開いていると話が合わないという人もいれば、年齢が高い人からなるべく若い人がいいという人も中にはいます。

実際年の差婚をしている人の中には、価値観がそれほどずれていなかったという人もいますし、視野の広がりをお互いに楽しんでいる人もいるので年齢も妥協しても大丈夫だという事が分かります。

また、年上の人は価値観や考え方が成熟していることもあり、経済面が安定していることも多いので長い結婚生活のパートナーとしても頼もしいです。

ただ、年齢が高い人と結婚すると、どうしても介護等の時期が普通より早く来ることも考えられます。

気になる人は5歳差までを目安に考えると、幅広い中で生涯の相手を探すことができるでしょう。

 

離婚歴

 

離婚届

離婚歴があるとどんな欠点があるのかと警戒されがちです。

また、離婚歴がある人の中には子供と同居している場合や、子供のために養育費を払っている場合もあります。

そのため、あまり良いイメージがないという人もいますが、様々な経験があるので経験豊富で現実的に考えることができる人もいます。

バツがついた人に対して特に悪いイメージがないのであれば、妥協してみると良いでしょう。

 

婚活で妥協してはいけない点

婚活に疲れてくると誰でも良いという考えになり、妥協点を間違え、離婚してしまうなんてこともあります。

 

性格の良さ

 

笑顔で会話する夫婦

特に妥協してはいけないのが性格の良さです。

性格が合わないとケンカの原因やストレスにもなり、居心地が悪くなってしまいます

そんな結婚生活を毎日過ごしていたら、次第に破綻へとつながってしまうでしょう。

 

価値観・金銭感覚

また、価値観や金銭感覚にズレがあるのも、トラブルのもとになるので大きくズレがないか見極める必要があります。

特にお金は生活の大切な基盤なので、浪費癖極端な倹約家には気を付けましょう。

婚活で下手に妥協して後悔しないために

幸せになるための婚活。後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

妥協点をよく理解する

 

注意点

やはり妥協して結婚すると、後悔することもあるかもしれません。

だからこそ、妥協するべき所と妥協してはいけない所をよく理解することが大事です。

例えば顔がタイプではなく、年収がそれほど高くない相手でも一緒にいて居心地が良かったり、思いやりのある言動ができる人であれば、長い結婚生活を送れる可能性があります。

 

良好な結婚生活を送るには

また、実際に離婚した原因の上位が価値観や性格などの不一致だといわれているので、良好な結婚生活にはある程度思いやりや気遣いができる関係が大切という事が分かります。

婚活して成功する人と失敗する人の差は、

「性格や価値観が一致した相手だったかどうか」

とも考えられるでしょう。

 

 

まとめ

まとめ

婚活で妥協していいところは6つです。

  • 容姿
  • 身長
  • 年収
  • 学歴
  • 年齢
  • 離婚歴

残念ですがこの世界に完璧な相手はいません。

しかし、自分に合いそうな相手は範囲を広げれば広げるほど出会う確率も高くなります。

婚活はある程度妥協する所から始めるようにしましょう。

妥協という言葉にマイナスのイメージを感じる人もいますが、妥協して良好な結婚生活を送っている人も中には存在します。

相手選びが上手くいかないことによる婚活疲れを引き起こさないためにも、参考にしてみてください。

 

本気で結婚を考えているなら
結婚相談所無料体験診断がおすすめ
結婚は人生を決める大きなイベント!
絶対に失敗したくないですよね。
マッチングアプリや婚活パーティーに参加の男性は、遊び半分の人も...
その点、結婚相談所には結婚に真剣な男性ばかりが所属しています。
まずは、結婚相談所の無料体験診断で、あなたにピッタリの結婚相談所を見つけてくださいね。
 

無料体験診断はこちら

 
 

コメント