自治体の婚活のメリットやデメリットは?人見知りでも大丈夫?

自治体の婚活人見知りさんの婚活対策
本気で結婚を考えているなら
結婚相談所無料体験診断がおすすめ
結婚は人生を決める大きなイベント!
絶対に失敗したくないですよね。
マッチングアプリや婚活パーティーに参加の男性は、遊び半分の人も...
その点、結婚相談所には結婚に真剣な男性ばかりが所属しています。
まずは、結婚相談所の無料体験診断で、あなたにピッタリの結婚相談所を見つけてくださいね。
 

無料体験診断はこちら

 
 

 

くるみ
くるみ

地方の自治体でも婚活イベントをたくさん開催しているみたい。

人見知りの私には、出会いの場が増えて嬉しいけど、自治体の婚活イベントってどんなものがあるの?

実際に自治体の婚活イベントに参加された人がいればメリット・デメリットも教えてください。

 

 

そんな疑問にお答えします。

 

自治体の婚活イベントの種類

そもそも自治体とはどういうものでしょうか?
自治体というのは、都道府県、市町村全体をさす言葉です。
自治体による婚活は都道府県、市町村が主体となって実施しているものということになりますね。

自治体の婚活イベントにはどんなものがあるの?

自治体の婚活イベントはどういったものがあるのか気になりますよね。
わたしも参加する時気になって、めちゃくちゃ調べました!

 

調べた結果、自治体主催なだけあって、その地域に特化したイベントが多い!と感じました。
多くは次のような形式のものです。

  • ツアー(旅行)タイプのもの
  • 農業体験などの体験型
  • パーティ形式

例えば、鹿児島県の自治体主催イベントでは、「屋久島愛ランドツアー」なるものがあります!
屋久島がある鹿児島ならではのもので、内容は屋久島のトレッキングやお祭りに参加して交流するというなんとも楽しそうなイベント!

 

そしてなんと2泊3日旅行なのです。
これはものすごく大人気みたいで、すぐ満員になっていました。
これは楽しそう!鹿児島県も考えましたね~。
是非参加したいと思える楽しそうなツアーです!

 

他にも北海道では、農業体験ツアーなんてものもあります。
女性は基本的にその地方に結婚して住む意思があれば参加できるので、「都会の生活に疲れた…大自然や動物に囲まれてゆったり暮らしたい」とお考えの女性なら良いですね。

 

このように、各自治体が試行錯誤して考え、地域の特性をいかした楽しそうな婚活イベントが数多くあります!

 

くるみ
くるみ

自治体の婚活イベントも地域に密着した楽しそうなものが多いんだね。

まい(親友)
まい(親友)

うん。自治体ならでは!って感じだよね。

パーティー以外に旅行形式も多い

自治体の婚活イベントの特徴としては、関西や福岡など人口の多い場所はパーティ形式が多いのです。
しかし、北海道や九州、中部地方などはパーティ形式よりも1泊2日などの旅行で一緒に体験や交流を深めるというものが多い印象でした。

 

もちろんパーティもありますが、民間の婚活イベントと違ってその土地にお嫁に来てくれて、生活をする方を真剣に募集しているので「楽しそうだから行ってみよ~」という軽い気持ちでは参加しない方が良いですよ
やはり、本気でその土地に住みたい、もしくはその土地の出身であって、真剣に未来を描ける準備ができている人が参加すべきでしょう。
自治体主催の婚活ではそういう気持ちの人の方がニーズに合っているし、幸せになれる可能性が高いですね!

 

くるみ
くるみ

地方で暮らすのも悪くないかもね。

まい(親友)
まい(親友)

今はネットでつながるし、地方に住んでもそんなに不便じゃないよね。

 

自治体の婚活のデメリット

自治体主催の婚活ではどんなデメリットがあるのでしょうか?

お相手を年収や年齢などの条件で絞りにくい

民間の婚活では、お相手の条件を細かく指定して探すことができて便利ですよね。
しかし、自治体の婚活では、年齢くらいは前もって分かりますが、「年収」や「身長」や「職業」などは分からないことがほとんどです。
もし、年収や職業などが絶対に外せない条件である!という人は自治体の婚活は向いていないかもしれません。

 

ただ、年収や身長、職業などにこだわらず、相手の性格などをじっくり知りたい人には良いですね。
わたしの友人は性格や見た目が好みでお相手を見つけたのですが、実は地元の大地主の息子さんで、予期してはいなかったのですが結果的に玉の輿にのっていました(笑)
もちろん、このようなケースは稀ですが、性格で選んだ結果、お金持ちと結婚できることもあるかもしれませんね。

 

くるみ
くるみ

どこに出会いがあるのか分からないものだね!

まい(親友)
まい(親友)

うん。ニーズが合えば自治体の婚活もあり!だよね。

出会った後のフォローが充実していない

自治体の婚活では、出会いの提供はあっても、その場で当人同士が連絡先を交換した後は自分たちで発展させなければならないという流れが多いようです。

 

民間の結婚相談所などの婚活パーティーであれば、アドバイザーさんがいて、気になる人がいて万が一連絡先を聞けなくても間に入ってくれたり、アプローチの方法をアドバイスしてくれます。

 

自治体の婚活では、その自治体にもよりますが、基本的には自分たちで連絡先交換や、デート、お付き合いなどに持っていくので、出会いだけ提供してくれているということが多いようです。
なので、出会い後のフォローまでは特に必要がないと考えている人には向いていますね。

 

また、もし結婚するとお祝い金が貰えたり、住居を提供してくれたりする自治体もあるようなのでうまく使えれば超お得かもしれません!

 

くるみ
くるみ

お祝い金がもらえたら嬉しいよね。

まい(親友)
まい(親友)

家まで付いてきたら言うことなし!

交際が知れ渡ってしまう可能性がある

地元ならではのあるあるですが、やはり自治体というのはその土地で婚活をすることになるので、少なからず知り合いも参加している可能性があります。
実際にわたしの友人が体験した話ですが、うまくいってお付き合いすることになった人がいました。

 

でも、自治体主催の婚活は大々的に行われることも多いので、近所のスーパーで知り合いに「〇〇君と付き合ってるんだって!?」と興味本位で聞かれてすごく嫌だったと言っていました。
小さい町ではそれこそ有名になってしまうんですよね。
そして、別れた時もなぜか知れ渡ってしまうので、都会のように気軽に付き合ったり別れたりはできないということです。

 

こればかりは結婚するかどうかは付き合ってみないと分からないので難しい問題ですよね。
小さい町の自治体の婚活イベントは、婚活を内密に行いたいという人にはデメリットになってしまいます。
ただ、県外の自治体婚活であれば公に広がる可能性は低いかもしれませんね。

自治体の婚活のメリット

自治体の婚活イベントのメリットについてご紹介します。

結婚後の生活がイメージしやすい

自治体主催ということは、その地元で婚活が行われます。
もともと住民であるという人は小さい頃からその土地で育っており、結婚して子供を産んで…ということも容易に想像できますよね。

 

また、自治体の婚活イベントはその土地の女性ではなくても、積極的に女性の参加を募っています。
地元の女性よりは比較的、参加費が高めですが、お嫁に来てくれる女性は大歓迎なのです。

 

そして、婚活イベント自体も、数時間で終わるパーティよりも何日間の旅行で交流する形式が多いので、その土地の風習、相手の人柄なども分かりやすく、県外から参加の女性でも、その土地での結婚後の生活がイメージしやすいでしょう。

地元が同じなのでお互い打ち解けやすい

自治体の婚活は、もちろん違う地域の人が参加しても良いのですが、やはりどうしても地元の人たちの参加が多くなります。
中学や高校が一緒だったり、共通の知り合いがいたりするので、共通の話題で打ち解けやすいというメリットがあります。

 

実際に、わたしが参加した自治体の婚活イベントでも高校の友達の共通の知り合いがいてその子の話題で盛り上がりました!
他にも、あの学校は合併したとか、あのショッピングモールはなくなったなどと地元ならではの話題が豊富でした。
本当に偶然だったのですが、人見知りのわたしとしては話題が出来て本当に気が楽でしたよ。

その男性とは連絡先も交換して、デートもしました!

自治体主催の婚活は地元に根付いた婚活だからこそ、共通の話題が出来て民間の婚活よりも男女が打ち解けやすいところはメリットですね。

自治体の婚活は男性でもあまりお金がかからない

自治体の婚活イベントの参加料は、開催費用が自治体の予算や助成金から出されることもあるため、民間の婚活イベントに比べると比較的費用が低めの傾向にあります。

前述した屋久島のトレッキングイベントは2泊3日で地元の人だったら男性でも女性でも5,000円です!

びっくりですよね!

地元の人じゃなければ20,000円でしたが、それでも格安!

民間の婚活ツアーだったら2泊3日で5,000円なんてありえない金額です。

しかもだいたい男性は高いのに、男女ともに同じ値段だなんて本当に良心的だと思います。

他にも北海道の婚活イベントでは交通費を50,000円まで負担、宿泊費もなしなんていうものもありました!

ただ、それだけ自治体も本気で結婚相手を探している人だけを募集しており、結婚したら地元に住んでくれる人を支援してくれているわけですから、中途半端な気持ちで参加してはいけませんね。

 

人見知りの人は自治体の婚活向き

自治体の婚活イベントは、実は民間のものよりも深く交流する機会が多かったです。

すぐ終わる婚活パーティよりも交流できる時間が長い

わたしは基本的に人見知りなので、民間での婚活パーティなどでは自分からは話しかけられず、話しかけてもらうのを待っています(笑)。

だって自分から話しかけるなんてハードル高すぎです…。

それだと、本当に1人3分くらいしか会話できない時もあり、全然お相手のことを知れないのですよね。

それに人見知りなので、初対面の人と何を話して良いかわからず会話も弾まないし…

あの人ともっと喋りたいとか、もっと気の利いた事言えばよかったとかいつも本当に後悔ばかりしてしまいます。

でも、自治体の婚活パーティでは、2泊3日のツアーだったこともあり、何度か話す機会があるのですぐ終わる婚活パーティよりもかなり色々なことを話せることが多かったです。

仲良くなった女友達と盛り上がったり後押しできる

自治体の婚活でわたしが参加したのはツアー形式だったのですが、旅館には他の参加女性と同じ部屋に泊りました。

夜もイベントはあるのですが、やはり旅館の部屋でなどは女性参加者と話す機会が多くなり、自然と気が合う人とは仲良くなります。

そうすると、女子高のノリなのか、わたしが「〇〇さんが気になる…もっと話したいんだよね」というと仲良くなった子がその人をさりげなく連れてきてくれたり、グループで盛り上げてくれたりとめちゃくちゃ協力してくれたました!

男性だけでなく、女性とも仲良くなれて、その時に仲良くなった子とは今も友達なんですよ。

婚活は異性との出会いが目的ではありますが、協力したり励ましあえる仲間ができるっていうのは心強かったです!

 

 

まとめ

まとめ

自治体主催の婚活のメリットとデメリットを簡単にまとめると以下の通りです。

  • 結婚後の生活がイメージしやすい
  • 地元が同じだから打ち解けやすい
  • 男女とも比較的安価で参加できる
  • 相手の条件を絞りにくい
  • 出会った後のフォローが充実していない
  • 地元に交際が知れ渡る可能性がある

 

自治体の婚活は女性とも仲良くなれたり、交流の時間が長いので人見知りの人にはお勧めです。

自分が結婚したらどんな生活をしたいか具体的に想像しながら、自治体の婚活、民間の婚活、どちらも上手に利用して婚活を楽しめると良いですね!

 

本気で結婚を考えているなら
結婚相談所無料体験診断がおすすめ
結婚は人生を決める大きなイベント!
絶対に失敗したくないですよね。
マッチングアプリや婚活パーティーに参加の男性は、遊び半分の人も...
その点、結婚相談所には結婚に真剣な男性ばかりが所属しています。
まずは、結婚相談所の無料体験診断で、あなたにピッタリの結婚相談所を見つけてくださいね。
 

無料体験診断はこちら

 
 

コメント